勢理客オーケストラ 2nd CD「why?」

2,160円(税込み)

勢理客オーケストラの曲の紹介

different is good
みんな一緒でみんないい…じゃなくていいんですよ〜
誰とも違っていていいんですよ〜

12月10日
世界人権デー
人権について考えてみましょう。

Do You Know You?
ジャズの巨匠セロニアス・モンクが好きで書いてみた曲です。

Kawaii Waltz
ホーンセクションだけでキモカワイイ

下北沢の少女の憂鬱
都会から沖縄にやって来て感じるリゾート地とはかけ離れた現実。

New Song
沖縄の人の声を表しています。米軍基地や日本政府に関わる騒音の中で沖縄の人の声、うた、思いを表している曲です。

座り込めここへ
辺野古で歌われている歌。

Graphic Garden
図形楽譜の曲。
日常の生活の中にアートを見つけられるように。

闘いはいらない
世の中から闘いが無くなればいいと思っていますが、闘いを無くすために闘っている現実も…負のエネルギーからは何も生まれない。














Rolly Roll Band

2,500円(税込み)

RRQ
1.恋をしようよ
2.Going Back To Okinawa
3.悪い噂〜 Ryo's Blues
4.情熱の橋
5.skydust
6.あきらめが肝心なのだ〜親は選べない
7.キジムナー
8.なまけ者のポルカ
9.ハレルヤ
10.No Face No Name
11.僕の左手
12. ありえない夜
13.ユーバンタへいこう














勢理客オーケストラ
LIVE

1,200円(税込み)
桑原真里音[altosax]
田原幸浩[tenorsax]
二宮賢司[tenorsax.altosax.baritonesax]
和田充弘[trombone]※2.4
亀田真司[altosax]※2.4
中山堅[altosax]※2.4
波平雄太[guitar]
城間和広[drums.toy]
上地gacha一也[double-bass]











鈴木勲・西川勲・上地gacha一也
スパイラル・トーク

off note on-66
2,000円(税抜き) 2,100円(税込み)

Spiral Talk Notes
相倉久人

リーダーに必要な資質のひとつは、いうまでもなく人を動かす力である。
たとえばクラシックのオーケストラが、本番にそなえて副指揮者の下でリハーサルをしている。そこへ後ろのドアーから当の指揮者が現われる。だれもそれに気づかない。なのにその瞬間とつぜん音が変わる。そういう奇跡をなんどか目にしたことがある。 もちろんジャズの世界にもそういうオーラの持ち主はいる。トランペットを手に客席に背を向けてバンドを挑発するマイルス、「私の楽器、それは私のオーケストラだ」と言い切ったエリントン。そのいわば作曲家的体質を顕著に引き継いでいるのがベースのチャーズ・ミンガスだ。ベースという楽器はジャズの流れの中で、名実ともに重要な役割を演じつづけてきた反面、素人向けには話題的に地味なところがあって、その反動だろうか、時折ミンガスのようなアクの強い存在が浮上してくることがある。そして日本には、同じベーシストの最長老として八面六臂の活躍をつづけている鈴木勲がいる。

 1933年東京生まれの78歳。半世紀以上前の米軍キャンプを皮切りに、63年の『幻の銀巴里セッション』を経て、70年に単身渡米してアート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズに参加。セロニアス・モンク,ウィントン・ケリー、チャールズ・ミンガス、ポール・デスモンド……と、枚挙にいとまのなほど多彩な相手と共演をくりかえした後、帰国して出した初リーダー・アルバム『Blow Up』(TBM)が、いきなり日本ジャズ賞。以下2009年のスイングジャーナル誌「南里文雄賞」、さらにはスイスのインターネット・ラジオ(Radio Jazz International)による「世界のジャズ・ミュージシャン20選」に名を連ねて「Jazz Godfather」の称号を得るにいたる、波乱と栄光の道筋については、詳しくは述べない。

 その彼が昨2010年梅雨明けの沖縄でレコーディングにのぞんだのは、その沖縄出身の2人のベーシストと組んでのベース・トリオである。

 1952年生まれの西川勲は高校を卒業後、尚美学園音楽大学進学、赤松憲樹にコントラバスを師事して帰沖。渡辺香津美、山下洋輔、辛島文雄らとの共演を経て、沖縄を代表するベーシストとして活躍している。

 もう一人の上地gocha一也は68年生まれ。ジャズ、ブルース、ロック、エレクトリカと広い領域にまたがって活動をつづける一方で、2005年に自身のバンド勢理客オーケストラを結成。那覇に近い浦添にあるGrooveというライヴ・スペースのオーナーとしても知られる。収録の前半は2010年6月18日、那覇の「てだこホール」で行なわれ、残りは月を跨いで7月1日にGrooveで行なわれた。

 西川と上地の楽器が通常のアコースティック・ベースなのに対して、鈴木が使っているのは、バロック時代のヨーロッパに源流を持つヴィオラ・ダ・ガンバに特注で手を加えた小型ベース。アンプを通して共振するその金属的で、そのくせどこか温かさがただよう音の響きと、出陣前の陣屋で弓弦を弾いているようなアコースティックなベース音が、前へ出たり引っ込んだりしながら、思いもかけない会話を繰り広げる。

 1曲目の「Overture」では、どれがだれの音だか判別がつきにくいが、2曲目の「My Romance」、3曲目の「月とボレロ」(take 2)と聴きすすむうちに、3者3様の筆使いの違いがはっきり浮かび出すと、つづく3曲はそれぞれの弾き癖をフィーチュアしたソロ・ナンバーという、心憎い仕組みになっている。

 そしてタイトル・ナンバーの「Spiral Talk」

では、らせん状のハガネの発条が規則的に回転しようとしながら、不規則に弾んでいる絵柄を想像して、思わずにっこり。相変わらずやってくれます















KgK
KgKのアンビエントCD
川崎巽也[guitar.effect]
上地gacha一也[double-bass.effect]
城間和広[drums.toy]














マルチーズロックNEW CD












groove solo week 6daysのDVD発売中!
2009年8月に行われたgroove solo weekのDVDを3枚組で発売中!
出演者26組の集大成...
かなり面白い内容になっていますよ!












off note & groove合同企画コンピレーションCD!

東京、大阪、京都、名古屋、福岡、沖縄からoff noteとgrooveに縁のあるミュージシャン
全35組参加、CD2枚組の集大成!!

発売中!



Our Aurasian Things!

Disc-1
1.すい/New Residential Quarters

2.タナガーグムイ/Lua Cheia
3.時計/渡辺勝
4.第五氷河期/オクノ修
5.灯台守/cookin'
6.おおきな闇/田中亜矢
7.yaru/KgK
8.墓標ひとつ/黒川修司
9.tor/umoretaEmd
10.昨日の森に/mui with Bhinneka Tunggal lka
11.新世界/KINPA
12.ナミヌ花花/喜納亜里沙
13.砂と既視感/関島岳郎
14.森の話/吉育
15.ビヨヨーン/マルチーズロック
16.燭台/青木隼人
17.A Wild Horse/三村京子BAND
18.家路/川下直広 cony EL DUENDE
19.にど寝/NID-NEI with かおり


Disc-2
1.出草/飛魚雲豹音楽工団歌/雲力思
2.Led/向島ゆり子×久下恵生
3.AKATZ/サム&チャピ(下地勇&上地gacha一也)
4.ニュートレド featuring 関島岳郎
5.じーちゃんの唄/薄荷葉っぱ
6.日曜/水谷康久

7.うたううたうたい/大工哲弘 with Aurasian Groove
8.やぐらの上で/勢理客オーケストラ
9.太田の空/中尾勘二
10.当世平和節/岡大介 with すかんぽ楽団
11.茄子のへた/ふいご
12.DAAT/臼井康浩
13.朝の歌/lyuna 桜沢有理
14.FLUTTER BLUES #10/大原裕
15.旅の疲れ/low fish
16.下千鳥/大城美佐子