『沖縄のウミウシ』学名・和名の変更、綴りの訂正 ※2005年3月1日現在

No.OLDNEW備考
No.109ゴクラクミドリガイ属の1種2
Elysia sp.8
エリシア・トンプソンイ
Elysia tompsoni Jansen,1993
 
No.119 glacilis gracilis  
No.181 Hopkinsia Okenia  
No.182 Sakishimaia kondoi
Hamatani,2001
Okenia kondoi
(Hamatani,2001)
本文中 Hopkinsia Okenia
p.98 Pseudoceros scriptus Pseudobiceros sp.  
p.98 Pseudoceros imitatus Pseudoceros sp.  
No.222 limaciformes limaciformis 
No.247large photo メインカット: Aegires pruvotfolae Fahey et Gosliner,2004
two small photo サブカットの2つ:Aegires flores Fahey et Gosliner,2004
※キュウバンウミウシの和名はウミウシガイドブックのNo.229の個体に与えられたもので、
この種は Aegires incusus Fahey et Gosliner,2004になります
No.248 Aegires punctilucens (d'Orbigny,1837) Aegires exeches Fahey et Gosliner,2004和名の変更はありません
No.258アマクサウミウシカワハダウミウシ学名の変更はありません
p.134 Pseudoceros sp. Pseudocerotidae sp.  
No.275sp.2 schmeltziana Bergh,1877  
No.285オンナソンウミウシオンナソンウミウシ(新称) 
No.298 tabulata (Abraham,1877) sp.5 Dorgan et al. 2002 に従い、tabulata という種名自体を無効とみなします。和名ネズミウミウシは引き続き有効と思われます
No.421carbunculasa carbunculosa  
No.467クダウミヒドラカタアシクラゲ本文中
No.469 Doto sp.1 aff. rosacea Baba, 1949 Doto sp.1 
No.592クダウミヒドラの仲間カタアシクラゲ本文中
No.595クダウミヒドラの仲間
Tubularidae sp.
カタアシクラゲ
Euphysora bigelowi
本文中
No.602ミノウミウシ亜目の1種1
AEOLIDINA sp.3
コマユミノウミウシ
Cuthona pupillae Baba,1961
 

 ※2006年1月31日追加

No.OLDNEW備考
P8indeterminateindeterminatus 
No.055H.sp.3 H.ovalis サブカット左側
No.070ブドウガイ上科・ブドウガイ科キセワタ上科・ヘコミツララガイ科
 
P41ナツメガイの幼貝ナツメガイ本文中
No.138Costasiella sp.1 aff. iridophoraCostasiella iridophora 
No.141Ercolania sp.1 LIMAPONTIIDAE sp.1 
No.162Petalifera petalifera (Rang, 1828) Phyllaplysia lafonti (Fischer, 1870)  
No.166フィラプリシア属の1種
Phyllaplysia sp.
ウミナメクジ属の1種
Petalifera sp.
 
No.2472005年3月1日の時点でメインカットを Aegires pruvotfolae Fahey et Gosliner,2004 としましたが、元の Aegires citrinus Pruvot-Fol, 1930 に戻します。
サブカットの2つは2005年3月1日に Aegires flores Fahey et Gosliner,2004 に変更したままです。
※キュウバンウミウシの和名はウミウシガイドブックのNo.229の個体に与えられたもので、
この種は Aegires incusus Fahey et Gosliner,2004になります
キュウバンウミウシ
アエギレス・キトリヌスメインカットの種の和名
No.471Doto sp.3 cf. japonicaDoto sp.3  
No.531 S. salaamica Rudman, 1982Spurilla major のサブカット