キングコーラ

製造所が「RYUKYU HAKKOU(琉球発酵)」で、1952年2月、那覇市寒川区で創業を開始。60年代あたりまで続いていたようである。


KING COLAのエンボス加工があり、キングコーラ独特のビンが使用されている。ラベルが大きく、数も少ないので1952年頃の初期の物ではないかと思う。 左の物との違いはラベルの大きさ。
後は同じである。
ラベルの形は同じだが、ビンのタイプが違う。

上の物とビンの形は同じだが、透明のビンになっている。ラベルはkingjuceと書かれていてカタカナの部分は「キング」とだけ書かれたタイプ。

左のボトルと同じ様なラベルだが、「キングジュース」と書かれている。
透明なビンに、kingのラベル。 キングのラベルだが、ビンのタイプが違う。


ビンのタイプもラベルも全く違う物。裏には英語で書かれた文字が並んでいるので、基地内で販売されていた物かも知れない。
緑の葉っぱの先が2つに分かれている物と分かれていない物の2種類あるが、これは分かれていない方の画像。

左のビンとほとんど同じ。葉っぱが2つに分かれているタイプの画像。
左と同じタイプの物だが、Guaranaとなっている。左の物と同じく、基地内で販売されていた物と思う。

トップのページへ プロフィールへ 缶ライブラリーへ ボトルライブラリーへ ダイアリーへ