ファンタ

東京飲料が1958年1月ファンタオレンジ、ファンタグレープの販売を開始。ファンタジーの意味で、夢見るようにおいしいという意味。
ビンを初代とか2代目とか表記してありますが、沖縄にはそれ以外の物も見つけることが出来ます。多分それはアメリカからのものだと思われます。上1段目はその写真です。


反対側の面は青でFANTAの文字が書かれている。 左の物と同じく、反対側の面は青でFANTAの文字が書かれている。左の物に見られる白の文字もなくなっている。
ファンタレモン1Lビン。1980年4月、日本コカコーラが販売を開始。

ファンタオレンジ500mlビン。
1972年中京コカコーラが500mlビンの販売を開始。
1973年四国コカコーラボトリング、利根コカコーラボトリングが、ファンタグレープ、オレンジ500mlビンの販売を開始。右のビンとの違いは500の横に☆マークがない。
ファンタオレンジ500mlビン。左のビンとの違いは500の横に☆マークがついた。
ファンタグレープ500mlビン。
1972年中京コカコーラが500mlビンの販売を開始。
1973年四国コカコーラボトリング、利根コカコーラボトリングが、ファンタグレープ、オレンジ500mlビンの販売を開始。

ファンタ フルーツパンチ 500mlビン。
初代ファンタグレープ250mlのビン。 初代ファンタオレンジ250mlのビン。
ファンタグレープ200mlのビン。
2代目ファンタグレープ250mlのビン。 2代目ファンタオレンジ250mlのビン。
2代目ファンタのビンで、中身はクラブソーダ。250mlのビン。
3代目ファンタグレープ250mlのビン。 3代目ファンタオレンジ250mlのビン。



トップのページへ プロフィールへ 缶ライブラリーへ ボトルライブラリーへ ダイアリーへ