カナダドライ

明治23年アメリカで創業開始。日本では昭和32年(1957年)日本麦酒とカナダドライが提携し、発売開始。1958年のビンが見つかっていると言うことと、アメリカ統治時代だったことを考え会わせると、アメリカ軍を介して、日本より早く飲まれていたかも知れない。


コカコーラの770mlのビンと同じ大きさくらいのビン。
ラベルが赤と緑の2色刷。
ビンは左の物と同じ。ラベルが赤と白の2色刷。
1958年製造。キングサイズで、CANADA DRYの文字がエンボス加工になっている。 ビンは左の物と同じ。ラベルが印刷されている。
左よりはあとに作られたと思うので、製造は1960年代ではないか。
多分1960年代のジンジャーエール。 1980年代後半あたりから、現在のジンジャエール。
1970年くらいだろうか。 レモンソーダ。Hi−spotと書かれている。
キングサイズより少し大きいビン。多分アメリカから持ち込まれたビンだと思う。 1990年代クラブソーダのビン。
1970〜80年代くらいだろうか。つい最近まで製造されていたらしいが、記憶にはない。 左の物との違いは、Winkの文字の上にカナダドライのマークがついていること。左の物にはない。


トップのページへ プロフィールへ 缶ライブラリーへ ボトルライブラリーへ ダイアリーへ