フクギ|渡嘉敷島の樹木

フクギ

和名:フクギ

方言名:フクジ

緑色の葉をたくさんつけた、背の高い木です。民家の周りを囲むように植えられ、日よけ、風除けになっています。フクギは、葉にたくさんの水分を持ち、火災が起きた際に、となりの屋敷へ燃え広がるのを防ぐ役目もあると言われています。黄色いゴルフボールの玉程の実をたくさん付け、落下すると異臭がします。実のおかげで毎日の掃除が欠かせない木ですが、子育てはフクギの下でしなさいと諺があるように、フクギの作る日陰は涼しくよい居心地です。

関連・参考サイト