オキナワハイネズ|渡嘉敷島の樹木

オキナワハイネズ

和名:オキナワハイネズ

方言名:ヒッチェーシ

オキナワハイネズ写真

低木で地面をはうように枝が広がります。2月の中旬頃から4月にかけて花をさかせ、翌年の1月ごろには紫褐色の実をつけます。オキナワハイネズは、木の形が岩の間から這い出し、戻ってくるようなからヒッケーシと呼ばれています。

航海の安全を願い、ヒッケーシ(オキナワハイネズ)の枝を船の先端に付け、無事に戻ってくるようにとされてます。

関連・参考サイト