Welcome to Our Company
Products
定期観光バス
Products
Contact us
About us
News
Contact us
Contact us
CONTACT US

明和の大津波
宮良村の西北方角に明和大津波遭難者慰霊之塔が建っています。1771年4月24日(明和8年3月10日)八重山列島東方沖で地震が発生しました。『八重山地震』と呼ばれます。理科年表によると「震源地は北緯24度、東経124.3度、マグニチュード7.4」と記録されています。これはあくまでも推定であり、根拠にも不明な点が多いため正確な数値はわかっていません。この地震による揺れは「沖縄本島で揺れた」との記録から計算されたのかも知れません。地震による被害は無かったものの、これに引き起こされた津波により宮古・八重山群島では未曾有の大災害となったのです。地震の揺れの直後、各地を津波が襲います。津波の陸を駆け上った高さ(遡上高)は、石垣島の南部から南東部で30b以上、北西部で4bということです。石垣島では南部から東部にかけて被害が集中しています。大浜、真栄里、宮良、白保では津波による死亡率が約80%から90%という高い数字になっています。
津波によって田畑は使えず、家畜の死骸から疫痢やマラリヤが流行、2万9千人の八重山の人口が100年後の明治には1万人程度まで減少してしまいました。この人口の激減には「人頭税」も大きく影響しています。
八重山の明和の大津波の報告は蔵元が琉球王府に提出した『大波之時各村之形行書(おうなみのときかくむらなりゆきしょ)』という古文書に記載されています。
「村所跡形不残被引崩石原相成(むらしょあとかたものこらずひきくずれいしはらとあいなり)」と記された村は八村にも及びます。伊野田村は村民の全員が死亡し村は全滅しました。この惨状が琉球王府へ知らされたのは、津波が襲ってから50日程もたった頃でした。

宮良村(メーラ)

宮良村は歴史の古い村です。元々は南の海岸に接っしていましたが、明和の大津波で村は全壊、人口の86%を失っています。その後、小浜島から320人の移住者を加え、神田原(カンダバル)で村を再建しましたが、後に元の地に戻っています。1874年に風水師の見立てにより、後方台地に村を移しました。そこが現在の宮良村です。それ以来、元の村跡をシィムヌカク(下の敷地)と呼ぶようになったとの事です。

知念商会宮良支店
宮良(みやら) 西 (東一周線・白保線・平野線)
あかんまの像 請福酒造  いっぷく食堂
史跡 アダドゥーナー  石垣島観光  ペンション案山子の宿 
◇アダドゥーナー(安多手井戸)

宮良のフカントゥオンの東にある井戸です。この井戸は村の創設当時、神に願いをたてて水脈を掘り当てたもので、神の水として信仰されています。この井戸の形式はウリカー(降り井戸)で、水面まで降りていき、そこで水を汲む形式の井戸です。降り道には40段の石段が設けられています。井戸の深さは12b、傾斜道は21bです。拝願所が10段目に設けられてあり、東に洞穴があり、その洞穴に向かって複数の願い事が行われる神聖な場所です。昭和55年(1980年)10月31日、史跡として石垣市の文化財に指定されています。
あかんま(赤馬)の像

昔、宮良村に師番と言う役人がおりました。彼は、崎枝の海岸で赤毛の馬をひろい「あかんま」と名付け大事に育てました。成長した「あかんま」は八重山一の名馬となりますが、噂を聞いた首里の王様から献上せよと言われます。首里へ行った「あかんま」は暴れ狂う馬となり、王様はお怒りになり師番を首里へ呼びつけます。師番をみた馬はおとなしくなり、師番を乗せ人馬一体の妙技で城内をかけまわり王様をいたく感激させました。喜んだ王様は師番と「あかんま」を共に石垣島へ戻ることを許し「高徳(徳高き者)」の扁額を授けたのでした。その時の喜びを歌にしたのが「赤馬節」です。とても御目出度い歌として、現在でも祝い」場では歌い舞われています。
特別支援学校前 (東一周線・白保線・平野線)
県立特別支援学校前 てんぷら まつばら屋
宮良(みやら) 東 (東一周線・白保線・平野線)