Welcome to Our Company
川平ロータリー近くには御獄があります。

○赤イロ目宮鳥御獄
 石垣市指定文化財(民俗文化財・建造物) 平成3年11月13日指定
この御獄は、別名アーラオンとも呼ばれ、群星恩獄・山川御獄・浜崎御獄と並んで川平四獄の一つに数えられています。川平村の年中行事は、この四獄を中心に行われ、中でも川平村の雨乞いはここで行われます。また、この御獄の豊年祭では、境内の一角に祀られているビッチュル(カーラ石)と呼ばれる俵型の石を担いで境内を廻る儀式が行われます。
『八重山島由来記(御獄々名并由来記)』によれば、御獄の神名は御獄名と同じで、御イベ名は「まかこ大あるじ」と記述されています。また、川平村では「牛馬による農作物の被害を避けるため、農作物保護役の野夫佐や馬夫佐へ監視させ、その結果を神司が毎月石垣村の宮鳥御獄へ行き、同御獄の神司を通じて神に報告する慣わしであった。答辞に神司がその複雑さに同情し、宮鳥御獄への御通しとしてこの御獄は創られた」と伝えられています。
(中略)この御獄は、川平村の年中行事には欠かせない御獄で、八重山の民間信仰を知る上で重要なものです。また、拝殿は、御獄の施設や伝統的な木造建築の変換を知る上で重要なものです。(石垣市教育委員会)
Products
定期観光バス
Products
Contact us
About us
News
Contact us
Contact us
吉原線・西回伊原間線・西回一周線 編
川平湾 ←クリックすると川平湾の写真がご覧いただけます。

「21世紀に残したい日本の自然100選」にも選ばれた有名な景勝地です。石垣島観光のメインと言っても過言ではないしょう。国の指定名称地にも指定(平成9年)されています。また2009年にミシュランが発行する旅行ガイドブックで三ツ星がつけられ大きな話題となりました。2009年2月4日の八重山毎日新聞によると『世的に権威のあるグルメガイドとして有名なミシュランが、欧州で3月16日に発行する日本の旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で川平湾が「三つ星」、石垣島が「二つ星」に格付けされた。最高峰の三つ星はわずか17カ所で、「わざわざ旅行する価値がある」との評価。編集に協力した日本政府観光局(JNTO)は「自然の美しさが高い評価につながったのではないか」としている。JNTOによると、フランス人と日本人の12人の編集チームが全国約200カ所を調査し、掲載地を厳選した。ミシュランは07年に簡易ガイドブックを発行しているが、編集チームが沖縄を訪れてなかったことから格付けはなく、今回の本格的なガイド本に初めて掲載された。ガイド本は456ページ。9カ国語で出版されるという。 大浜長照市長は「フランスは芸術の国、しかも専門的立場から評価されたことは大きな意義がある。川平湾や石垣島の魅力を発信でき、外国人を迎える際の良いアピールになる」と大歓迎した。』と掲載されました。
 川平公園 仲間商店 カビラガーデン  カビラマリンサービス
 水産海洋研究センター オーベルジュ川平   まりんはうすぐるくん  琉球真珠
 高嶺酒造所 高嶺荘  大浜荘  川平公園茶や 

川平  (吉原線・西回伊原間線・西回一周線)

川平ロータリー  (吉原線・西回伊原間線・西回一周線)

大嵩西入口  (吉原線・西回伊原間線・西回一周線)


CONTACT US
マエタケ観光農園

消防署川平出張所  ブルーウォーターダイバーズ  宿屋かびらゆ〜な屋  赤イロ目宮鳥御獄
○ヨーンの道

川平と四カ字(登野城、大川、石垣、新川)を結ぶ古い道です。ヨーンとは「暗い、闇」という意味があり、琉球松の大木が覆い茂り「昼尚暗い道」からヨーンの道と呼ばれるようになったようです。
道路も拡張されていますが、昔ながらの松の木を残したい、ということから大きな中央分離帯が作られています。1月〜3月位までは植栽された様々なツツジの花が鮮やかで、道行く人の目を楽しませてくれます。
県道79号線から県道207号線と変わり川平へ至ります。
川平ファーム

ヨーン  (吉原線・西回伊原間線・西回一周線)